So-net無料ブログ作成

小樽、桜とふつうに観光 [雑記帳]

こんにちは、しめもとです。

今日は北海道桜紀行、第3日目で、小樽に向かいました。
またしても天候は不良で、曇りのち雨でした。

ネットでは小樽公園が滿開となってたため、まずは小樽公園に向かいました。しかし、あまりよくありません。
それでタクシーの運転手に聞いたのですが、この辺の人は桜ならなえぼ公園に行くということなのでそこへ向かってみます。

小樽公園と違い閑散としてました。桜は満開のようですが、蝦夷山桜のようで葉っぱもでており、ソメイヨシノの滿開に比べると半分くらいの感じがします。
D3S_6501b.jpg

D3S_6504b.jpg

D3S_6507b.jpg

簡易マクロを使ってみます。
D3S_6512b.jpg

上の桜は平成の桜ゾーンでとったものですが、そのほかに敷地が広く、大正の桜ゾーンというのがありまして、少し歩くようですが行ってみました。
D3S_6515b.jpg
道がどんどん狭くなってきて、こんな山道になってしまいました。雨は降ってくるし散々です。しかも大正の桜はほとんど咲いてなく徒労に終わりました。

平成の桜ゾーンに戻ります。
D3S_6518b.jpg

さて、天候がわるいので桜見物はこの辺で切り上げて、小樽観光にいきました。
まずは小樽運河です。
D3S_6532b.jpg
小樽地ビールを飲ませてくれる店があり(小樽倉庫No1)、一杯飲んできます。フルーティーなヴァイス(Weißか?)の中を頼みます。予想通りの味で美味しかったです。

観光案内所のところに犬の銅像がありました。
D3S_6533b.jpg
なにをした犬なのでしょうか。

町には歴史的建造物が沢山あります。
D3S_6543b.jpg

さてお昼がまだだったので、お寿司にチャレンジしてみました。
寿司屋通りというのがあり何軒もあります。その中で、旭寿司というところに入っていました。客は誰もいません。幸いカウンターのほかにテーブル席もありましたのでそこに案内してもらいます。お奬めのお寿司ということで特上小樽にぎりを頼んでみます。同じような値段帯でほかの店にも小樽スペシャルがありました。
地酒の冷酒を頼んでみたのですが、300mlで1200円するのにあまり口には合いませんでした。冷酒瓶としては高い方に入ると思います。
D3S_6546b.jpg
お寿司は、シャコやホッキ貝などが小樽名産ということで食べてみると確かに美味しいです。さすがは小樽です。値段はけつして安くないですが、味は抜群です。

寿司屋を出て、町中のアーケード街に行きます。
路上パフォーマーがいました。
D3S_6550b.jpg

藥屋にはなつかしい、サトちやんです。
D3S_6552b.jpg

このショーウインドーは齒科醫院です。
D3S_6556b.jpg

そして小樽名物と行ったら絶對外せないのが「西川のぱんじゅう」です
D3S_6559b.jpg
一個65円のおまんじゅうですが、代々手造にこだわっているそうです。作り方も一子相傳のようで、たこ焼きを燒くような鉄板も特注品でもう作れないとのことです。
D3S_6562b.jpg
マスター頑張って!

さて帰りはJRにまた乗ります。
これは小樽駅停車中の函館本線、然別行きです。
乗る列車は新千歳空港行きのエアポートライナーで札幌に戻ります。
D3S_6567b.jpg
北海道新幹線ができたら、この線も第3セクター→廢止という運命をたどるのでしょう。

駅もクラッシックな佇まいを残していました。
D3S_6568b.jpg

長くなりましたが、今日の小樽観光はこれにておしまいです。

nice!(7)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 7

コメント 2

たかれろ

 はじめまして!
ご訪問&nice!を頂きまして,ありがとうございました。
これからも,よろしくお願い致しますm(_ _)m

冬の小樽も良いですよ♪
今度ぜひ(^^
by たかれろ (2011-05-14 23:46) 

注連本の眼科学

たかれろ様

こんにちは、ご訪問、コメントありがとうございます。こちらこそよろしくお願いいたします。

そうですか、では今度は冬の小樽を堪能したいと思います。

by 注連本の眼科学 (2011-05-15 17:51) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。